国際・軍事問題関連論集



軍事問題

各表題部をクリックすると本文が読めます。

【政府の軍事戦略】

敵基地攻撃は予防戦争である。国際法上許されない行為だ。

2021年3月26日、自民党岸田文雄政調会長がFacebookに「我が国に対するミサイル攻撃を実効的に阻止するためには、相手領域内でのミサイル阻止能力、すなわち、敵のミサイル発射能力そのものを直接打撃し、減衰させることができる能力を保有することが必要です」と投稿しました。

これまでも、安倍前総理ら自民党の幹部は、予防戦争を肯定する発言をしています。政府が他国を攻撃することを肯定している状況で、憲法改悪を推し進めれば、政府は戦争を始めかねません。(平児)

【日本周辺】

板門店宣言における韓半島非核化を歓迎する。日米はどうするのか

板門店宣言の歴史的な意義について評価するとともに、今後、我が国がどのような対応を求められるのかについて、私個人の独自の観点から論じています。(柳川)

北朝鮮の核実験停止宣言はそれほど喜ぶべきことなのか

2018年4月の北朝鮮の核実験停止は、我が国の安全にとって本当に望ましいことだったのかについて論じています。(柳川)

【第二次世界大戦】

知覧特攻平和会館に想う
= 彼らを美化することで、国家の責任を曖昧にすることは許されない =

長崎県の知覧特攻平和会館の展示内容の紹介を行いつつ、特攻を美化することが許されないことと安倍政権の最近の動きの危険性について論じています。(柳川)


国際問題

各表題部をクリックすると本文が読めます。

【歴史問題】

徴用工問題での韓国への報復措置は、政権による日本経済の私物化だ
=個別企業の事業活動を政争の具にする安倍政権=

安倍政権の徴用工問題に対する「対抗措置」としての輸出規制が、我が国の企業の国際優位性を損なうものであることを論ずるとともに、安倍政権が日本企業の努力を政争のために犠牲にする愚を指摘しています。(柳川)

自民党政権は、強制徴用問題で、なぜ友好国を敵に回すのか
=ネトウヨ的な外交感覚は我が国の国益を害する=

韓国最高裁の強制徴用工訴訟判決に対する安倍総理と自民党の主張が、友好国である韓国の対日感情を悪化させ、我が国の国益を害することを論じ、併せて安倍総理の主張における法的な誤りを指摘しています。(柳川)

【中東】

イスラエルの無差別爆撃を支持する防衛副大臣
= 中山泰秀防衛副大臣が「私達の心はイスラエルと共にあります」とツイート =

イスラエルはガザの市民に対し無差別のミサイル攻撃を行いました。これによってガザ地区では女性や子供を含む多くの市民が、傷つき殺害されています。

このイスラエルの軍事行動に対して日本の中山泰秀防衛副大臣が支持を表明するツイートをして、内外からの批判を浴びています。このような無差別殺人を擁護するツイートは許されないばかりか、我が国の国益をも損なうものです。(平児)

【閲覧注意】子供たちの傷ついた画像が使用されています。

【ミャンマー】

ミャンマーの人権問題への日本政権の感性の低さが酷い

ミャンマー軍による市民への暴行に対し、欧米の指導者たちが、個人の言葉でミャンマーの人権抑圧を批判し、実質的な制裁を加えているのに対し、日本政府の感性の低さはあきれるばかりです。

一枚岩には程遠い国際社会の対応にミャンマー人からはいらだちの声が上がっています。(平児)

ミャンマーの軍による弾圧が酷すぎる

ミャンマー軍による市民への暴行は世界的な批判を読んでいます。最近では、市民の側の自制もありややおさまっているようですが、さらに陰湿化しているという情報もあります。

これに対し日本政府の消極的姿勢が目立っています。(平児)

ミャンマーで逮捕され日本に送還された北角さんの関連動画

ミャンマー軍によって逮捕された北角さんは、釈放され日本へ送還されました。この記事は、当初は北角さんの釈放を呼び掛けるために、ブログに書いたものです。

その後の経緯を含めて、関係の動画などを紹介しています。ミャンマー国軍によるジャーナリストに対する圧力は許すべからざる行為です。(平児)

ミャンマーの警察官の運命は
= 彼らを救うために、世界は彼らを忘れていないと軍事政権に示そう =

ミャンマーで軍事政権がクーデターによって成立した直後、市民の側に立って軍の放水を盾で守ろうとした警官がいました。

あの勇敢な警官が虐殺されないように、世界があの警官を忘れていないことを発信することが大切だと思います。(平児)

【欧州】

ブルカの禁止。欧州に広まるレイシズム

欧州でブルカを禁止する動きが広まっています。レイシストの提案がそのまま議会を通過するというパターンです。この危険な動きについて論じています。(平児)

【出入国管理】

外国人を人間扱いしない国家は文明国なのか

出入国在留管理局に収容されていたスリランカ人女性が亡くなりました。現時点では必ずしも明確ではありませんが、報道によれば精神的ストレスと体調不良による衰弱死のようです。国が管理している場所で、なぜ人が衰弱して死ぬのでしょうか。(平児)

技能実習制度の一部は「人身取引」状態

2021年2月15日、厚生労働省は「技能実習生に対する人身取引が疑われる事案への対応」について、都道府県労働局長に対して指示文書を発出しました。これは技能実習制度において、広範な「奴隷的労働」が行われているためでしょう。(平児)